平針運転免許試験場・東三河運転免許センター直接受験を万全の対策で攻略! 取得時講習免除、外国免許切替、ペーパードライバー講習、高齢者講習免除も対応

よくある質問(千葉幕張・中南信・三重せいりん自動車練習所)

●質問1
 路上練習希望です。電話でお話を聞くことはできますか。
■回答
 せいりん自動車練習所は、電話での対応を行っておりません。公式webサイト記載の内容でご確認ください。簡単な質問・相談については、LINEで回答いたします。
 「公式webサイトの内容を確認したが理解が難しい」「特殊な事情があるので相談したい」「自身の状況に合うかどうかの判断ができない」などの場合は、ご希望により有料で個別相談(電話)を承ります。
 個別相談は、30分5,000円(税別)での対応となります。有料相談後7日以内に入所される場合は、相談料の50%を返金します。
●質問2
 1時間だけ練習することはできますか。
■回答
 時間練習は、1日あたり3時限以上の予約が必要です。
●質問3
 せいりん自動車練習所への申し込み方法を教えてください。
■回答
 公式webサイトで入所のお申し込みを行ってください。お電話や直接来校によるお申し込みはできません。
●質問4
 一般的な自動車学校(指定自動車教習所)との違いを教えてください。
■回答
 せいりん自動車練習所は、実地免除の指定を公安委員会から受けておりませんので、全ての試験(適性・学科・技能試験)を住所地の運転免許センターで受験する必要があります。
 運転免許センターが行う技能試験を受けて免許を取得することを直接受験といいます。一般には「一発試験」「飛び込み試験」と言われることがあります。
 運転免許センターの直接受験は難しいと言われますが、根拠ある対策のうえで受験するのであれば恐れることはありません。
 せいりん自動車練習所の普通免許取得システムは、学科教習による拘束時間を限界まで少なくすることで、費用と通学日数の削減を行っております。「自分でできることは自分で行う」を前提に、指定自動車教習所よりも安く、少ない通学日数で普通免許取得を可能にします。
●質問5
 運転免許センターの技能試験は難しく、必ず1回は落とされると聞きました。やはり、何回か受けないと合格できないのでしょうか。
■回答
 文字通りの「飛び込み」「一発」で技能試験を受ければ、何回受験しても合格することはできません。根拠ある対策をせずに受ける方が大多数であるため「必ず1回は落とされる」「何回も受けなければならない」という話が出てくるのだと思います。
 せいりん自動車練習所で練習をしていただき、技能検定員資格を有する指導員が、合格レベルに達していると判断(みきわめ良)させていただいた方は、1~2回の受験で合格されています。
●質問6
 免許の更新忘れをしました。仮免許は仮免許試験免除で交付されました。どのコースを選択すればよいか教えてください。
■回答
 エコノミーコースへの入所をご検討ください。
●質問7
 支払い方法は選べますか。
■回答
 基本費用は、入所手続きの時点で一括入金していただきます。分割・ローン・カード払いは取り扱っておりません。
●質問8
 土曜日・日曜日・夜間を中心に練習することはできますか。
■回答
 土曜日・日曜日・休日・夜間(17時以降)の練習も可能です。
●質問9
 予約日時の変更・キャンセルはできますか。
■回答
 予約後に都合が悪くなった場合は、早めに予約のキャンセルを申し出てください。キャンセルには所定の手数料が必要です。
●質問10
 運転免許試験とは何ですか。
■回答
 運転免許における試験とは、適性試験・学科試験・技能試験に分けられ、免許を取得しようとする方は、全ての試験を運転免許試験場等にて受験する必要があります。学科試験は、現有免許により免除となる場合があります。
 実地免除の指定自動車教習所の場合は、指定自動車教習所の行う卒業検定に合格し卒業すれば、技能試験と取得時講習は免除となります。住所地の運転免許試験場等が行う本免許の適性試験と学科試験に合格すると、免許が交付されます。運転免許試験場等へ行くのは最低1回となります。
 せいりん自動車練習所は、実地免除の指定を公安委員会から受けておりません。全ての試験(適性試験・学科試験・技能試験)を住所地の運転免許試験場等で受験する必要があります。仮免許をお持ちの場合で最低2回、運転免許試験場等へ行かなければなりません。
 運転免許試験場等の試験は、平日(月~金曜日)に実施されます。土曜日・日曜日・休日・年末年始(12月29日~1月3日)には受験できません。
 本免許の技能試験は路上と場内(方向変換または縦列)で行います。
●質問11
 特定教習・取得時講習とは何ですか。
■回答
 取得時講習とは、大型免許、中型免許、準中型、普通免許、大型二輪免許、普通二輪免許、原付免許、大型二種免許、中型二種免許及び普通二種免許を受けようとする者が受けなくてはならない講習です(道路交通法第90条の2)。
 仮免許をお持ちの方が、受けようとする免許を申請する日(免許の交付を受けようとする日)前1年以内に特定教習(取得時講習と同内容)を終了することで、取得時講習が免除されます(道路交通法施行令第33条の6)。
 せいりん自動車練習所のエコノミーコースには、取得時講習が免除となる特定教習が含まれます。そのため、本免許の技能試験に合格すると、免許の即日交付を受けることができます。
 特定教習の内容は、高速教習2時限・危険予測教習2時限・応急救護処置教習3時限の合計7時限です。
 本免許の技能試験合格日までに特定教習を終了していない場合は、本免許の技能試験試験合格日に免許の交付を受けることはできません。免許の交付は、特定教習または取得時講習終了後になります。
●質問12
 普通MT車(マニュアル車)で練習することはできますか。
■回答
 できません。AT車での練習となります。
●質問13
 土曜日・日曜日・休日・お盆・年末年始にしか休みがありません。免許を取得することはできますか。
■回答
 年間を通して、土曜日・日曜日・休日にしかお休みがない場合は、運転免許試験場等での試験を受験することができませんので、免許の取得はできません。数日でも、平日に試験を受ける時間を確保できるのであれば、期間は長くなりますが、免許を取得することは可能です。
●質問14
 路上練習申告書の作成をお願いできますか。
■回答
 せいりん自動車練習所で5日間の路上練習を行った場合は、路上練習申告書に必要事項の記入を行います。当所における5日間に満たない路上練習で、路上練習申告書の一部を記入することはお断りしております。
●質問15
 路上練習は、どの辺りを走行するのですか。
■回答
 運転免許センター周辺を走行します。

>せいりん自動車学校

せいりん自動車学校

名古屋で安く普通免許を取得したい方には、平針試験場での直接受験(俗にいう「一発試験」「飛び込み試験」)をお勧めします。

せいりん自動車学校の普通免許取得システムは、免許取消・更新忘れ(失効)による再取得の方だけでなく、はじめて普通免許を取得する方にも対応。取得時講習免除、公安委員会指定の特定教習を実施している特定届出の車校です。ペーパードライバー講習、高齢者講習同等、運転免許更新時講習、企業ドライバー研修も対応。

平針試験場(名古屋)、東三河運転免許センター(豊川)、三重県運転免許センター(津)、岐阜試験場(三田洞)、多治見試験場、中南信運転免許センター(塩尻)、その他全国の運転免許試験場等の技能試験・外免切替実技確認に対応。千葉幕張せいりん自動車練習所・中南信せいりん自動車練習所・三重せいりん自動車練習所は、運転免許センター周辺での路上練習を行っています。

せいりん自動車学校が行うペーパードライバー講習の一部は、皆様に安心して受講していただくことができるように、愛知県公安委員会の認定を受けています。

CTR IMG