AT限定普通免許【地域最安】11万円より。 平針運転免許試験場・東三河運転免許センター直接受験を万全の対策で攻略。 取得時講習免除・外国免許切替・ペーパードライバー講習・高齢者講習・運転技能検査も対応。

エコノミーAコース

対象者

普通免許の再取得
(1)~(6)を満たす方
(1)21歳以上60歳以下
(2)普通自動車を運転できる免許(仮免許・国際免許・外国免許を除く)を受けていた期間が通算3年以上
(3)普通自動車の運転経験が概ね20,000km以上(ペーパードライバー不可)
(4)当校公式webサイト記載の内容を正確に理解することができる
(5)状況に合わせた予算と時間を確保することができる
(6)品行方正で学習意欲が高い

入所審査受付期間

通年

基本費用

AT限定普通免許 192,500円(税込)

入所時に保証金として別途5万円が必要です。土曜日・日曜日・休日割増料、追加・延長・補修教習料などが発生する場合は、保証金から控除します。保証金の残高は本免許試験合格後に返還します(途中退所の場合は返還なし)。

基本費用に含まれているもの
入所金・諸費用・第1段階基準教習料(8時限分)・第2段階基準教習料(13時限分)・特定教習料(7時限分)

基本費用に含まれていないもの
●追加・延長・自由教習1時限5,500円(税込)
●補修教習1時限6,600円(税込)
●【申請手数料等

※MT車の教習を受けることはできません。
※土曜日・日曜日・休日の教習(特定教習を除く)は、スケジュールプランを選択した場合のみ可能です。
※個々の技量により追加料金が必要な教習
・追加教習:技量が上達せず教習項目を達成できない場合
・延長教習:みきわめで試験に合格するレベルに達していない場合
・補修教習:技能試験が不合格で再度技能試験を受ける場合

スケジュールプラン

22,000円(税込)

●事前にスケジュールをお伺いしたうえで、教習日時を指定します。
●土曜日・日曜日・休日にも教習を受けることができます。教習(特定教習を除く)を受けるにあたっては、土曜日・日曜日・休日割増料(1時限2,200円・税込)が必要です。

普通免許取得までの流れ

●教習を受ける際の集合場所は【せいりん自動車学校】です。第一段階は連絡車で場内コースへ移動します。
●技能教習は、1台の教習車に教習指導員1名・教習生2~3名が同乗する方法(複数教習という)で行います。
●技能教習は、1時限あたり30~50分です。
●【教習の時間割
■住所地が愛知県内の場合
適性試験・学科試験・技能試験は、平針試験場で行います。
■住所地が愛知県外の場合
仮免許適性試験・学科試験・技能試験(技能検査を含む)は、平針試験場で行います。本免許適性試験・学科試験は、住所地を管轄する運転免許試験場等で行います。

住所地が愛知県内の場合

住所地が愛知県外の場合

技能試験コースの研究について

せいりん自動車学校の普通免許取得課程(特定教習コースを除く)では、効率よく技能教習を進めるために、技能試験コースの研究課題を設けています。
●第1段階:平針試験場の場内コースを歩行・レポート提出
●第2段階:動画の視聴・レポート提出

教習原簿について

せいりん自動車学校所定の教習課程を修了した方には、一般の飛び込み受験者にはない大きなメリットが与えられます。

平針試験場での技能試験を受験する際には、せいりん自動車学校の教習原簿を技能試験官(警察官)に提出します。

せいりん自動車学校の有資格者から技能試験合格レベルに達していると判断されたうえでの受験であることを示すことができます。

万一、技能試験官が技能試験不合格と判定する場合は、教習原簿の結果指導表に運転上の欠点・注意事項を記入します。せいりん自動車学校において、有資格者が内容を精査します。的確な補修教習を計画することができるため、再受験の合格率を高めることができます。

取消処分者講習について

運転免許の取消処分等を受けた方が、再び運転免許を取得する場合に、道路交通法第96条の3で受講を義務付けられた講習です。この講習を受講しないと運転免許試験を受験できません(仮免許試験は受験可能)。

取消処分者講習の受講対象者で取消処分等となった理由の中に、酒酔い運転又は酒気帯び運転のある方は「飲酒クラス」で講習を受ける必要があります。

詳細は各都道府県警察のwebサイトなどでご確認ください。

時間割

卒業者の声(抜粋)

せいりん自動車学校でよかった!
M.Yさん

さまざまな場面で自主性が求められる自動車学校ですが、何事にも先生が丁寧に教えてくださりすごく助かりました。そういったこともあり、全ての試験を一発で合格できました。とても短い期間で免許を再取得でき、嬉しい限りです。【記事全文を読む

本免許技能試験一発合格
 
A.Aさん

せいりん自動車学校の技能教習では、平針試験場の試験官よりも厳しい指摘と熱心な指導をいただきました。せいりん自動車学校のカリキュラムに沿って、技能試験コースの研究も徹底的に行いました。スケジュールプランを選択したことと、自分の努力のかいもあり、わずか1ヶ月半程で運転免許を再取得することができました。【記事全文を読む

せいりん自動車学校での教習を通じて
A.Aさん

せいりん自動車学校のカリキュラムは、指定自動車学校のものとは全く異なっており、自ら考え判断する能力養うことに重点を置いています。より実用的で安全な運転技術の習得が可能になるものだと感じています。【記事全文を読む

仮免許・本免許技能試験一発合格
 
Y.Tさん

せいりん自動車学校のシステムは、正直にいって、面倒なことを求められます。最初は、本当にこのような面倒なことが必要なのかと疑ったりもしました。本当に、平針試験場の直接受験で免許を取ることができるのだろうかと不安もありました。しかし、その面倒なことを乗り越えることで、早く・安く免許を取得できるようにシステム化されていることがわかりました。【記事全文を読む

これさえやれば
 
S.Yさん

せいりん自動車学校のシステムには、これでもか!これもやるのか!?という部分があります。そのとおり実行すれば、平針試験場の技能試験に一発合格できるシステムが確立されています。【記事全文を読む

どんなに忙しくても最短最速
 
M.Dさん

限られた時間の中で、重要な情報やポイントをしっかりと分かりやすく教えていただきました。その結果、無事に、最短最速で免許取得に至ることができました。【記事全文を読む

効率の良い免許取得
 
K.Kさん

せいりん自動車学校の課題はとても大変でしたが、間違いなく技能試験合格に近づくことができます。現役の警察官を助手席に乗せて運転するという、人生で二度と経験しないであろう状況下でも、落ち着いて運転することができたのは、平針試験場の直接受験を知り尽くしている、せいりん自動車学校の先生のお陰です。【記事全文を読む

全試験一発合格
H.Yさん

「せいりんに出会えてよかった」という一言です。人によるとは思いますが、私の性格には、せいりん自動車学校の教え方・プロセスがとても合っていました。【記事全文を読む

本免許技能試験満点合格
 
S.Mさん

せいりん自動車学校への入所にあたっては、事前の情報収集と整理が求められます。入所審査があることからわかるように、他の自動車学校へ入所するよりも厳しく感じるかもしれません。しかし、能動的に取り組むことができれば、しっかりした運転技術を身に着けることができます。【記事全文を読む

よくある質問(抜粋)

質問
入所を検討しています。電話で、もしくは、せいりん自動車学校に直接伺うので、詳しい説明をしていただくことはできますか。
回答
 せいりん自動車学校は、電話および直接来校による概要説明等の対応を行いません。当校を検討するうえでの必要な情報は、公式webサイトに「詳しく」記載しております。公式webサイトを熟読する意欲のない方・理解する能力のない方からの各種お問い合わせ・入所申込は一切お断りします。   
 簡単な質問・相談については、LINEで回答します。個別の相談などを希望される場合は、30分5,500円(税込)で対応します(zoom限定)。

質問
1時間だけ練習することはできますか。
回答
いわゆる時間練習をすることはできません。
質問
どれくらいの期間で、普通免許を取得することができますか。
回答
 せいりん自動車学校で教習を受ける日数は、8~10日程度(試験日などを除く)です。ただし、仮免許・本免許(技能検査を含む)ともに、技能試験の予約待ち期間が2~4週間程度発生します。
 普通免許取得までには教習開始から最低2ヶ月以上の期間が必要です。そのうえで、個人のスケジュール・個人差・課題の提出状況・教習の混雑状況・技能試験の混雑状況・取消処分者講習の有無で普通免許取得までの期間が決まります。入所前の時点においては、個人差の程度が不明のため、普通免許取得日の目安を回答することはできません。普通免許取得までの期間に余裕を持てない方は、当校への入所申し込みを差し控えてください。
 スケジュールプランを選択したうえで、週に最低4日間の教習可能日を申告し、全ての試験を1回で合格した場合は、教習開始から最短2ヶ月程度で普通免許を取得することが可能です。スケジュールプランを選択しない場合は、普通免許取得までに最低でも半年以上要するとお考えください。
 取消処分者講習(特に飲酒クラス)を受講する必要がある場合は、普通免許取得までの期間が2~3ヶ月程度延びます(予約待ち期間を含む)。該当する方は、欠格期間満了の2ヶ月前を目安に入所されることを推奨します
質問
週に3日、せいりん自動車学校に通った場合、どれくらいの期間で普通免許を取得することができますか。
回答
週に複数回、集中して技能教習を受けた場合でも、普通免許取得までの期間が短くなることはありません。
質問
基本費用以外に必要な費用はありますか。
回答
基本費用だけで普通免許を取得することはできません。基本費用以外に【申請手数料等】が必要です。また、個人のスケジュール・個人の希望・個人差などにより追加料金が発生します。それぞれの条件や金額については、各コースの案内・入所同意書に記載されています。
質問
せいりん自動車学校への申し込み方法を教えてください。
回答
公式webサイトで入所の【お申込み】を行ってください。電話や直接来校による申し込みはできません。
質問
入所審査とは何ですか。
回答
 入所申込・入所審査料振込後、onlineで予備審査を実施します。指定日時までに、ご本人が回答を行ってください。予備審査の合格者には、対面で入所審査を実施します。
 予備審査および入所審査では「入所資格」「動機」「システムの理解度」「生活状況」「スケジュール」「予算」「日本語能力」「基礎学力」「規範意識」などを評価し、当校の普通免許取得システムで直接受験をすることに支障はないか審査します。また、入所申し込みから入所審査当日までの事務的な手続きや連絡についても評価の対象としています。社会人としての基本的な常識とスキルを有しており、状況に合わせた予算と時間を確保できる方であると当校が判断した場合に限り、入所することができます。
質問
住所地が愛知県外です。愛知県の運転免許試験場で試験を受けることはできますか。
回答
仮免許をお持ちでない方が、せいりん自動車学校で所定の教習を受けている場合は、愛知県の運転免許試験場(平針試験場)で、仮免許試験と技能検査(本免許技能試験同等)を受けることができます。技能検査合格後、住所地の運転免許試験場等が行う本免許の適性試験と学科試験に合格すると、免許が交付されます。
質問
指定自動車教習所との違いを教えてください。
回答
 せいりん自動車学校は、公安委員会から技能試験免除の指定を受けておりませんので、運転免許試験場(平針試験場)で技能試験を受験する必要があります。指定自動車教習所の場合は、指定自動車教習所の行う卒業検定に合格し卒業すれば、技能試験が免除されます。
 せいりん自動車学校の普通免許取得システムは、学科教習による拘束時間を限界まで少なくすることで、費用と通学日数の削減を行っております。
質問
運転免許試験場の技能試験は難しく、必ず1回は落とされると聞きました。やはり、何回か受けないと合格できないのでしょうか。
回答
当校所定の教習課程を修了された方は、当校の教習原簿を技能試験官に提出して受験することができます。本免許技能試験については、ほとんどの方が1回の受験で合格されています。
質問
支払い方法(分割・ローン・クレジットカード払い)は選べますか。
回答
基本費用(および保証金)は、入所手続きの時点で現金一括入金していただきます。分割・ローン・クレジットカード払いは取り扱っておりません。
質問
希望の日時で、教習の予約をすることはできますか。
回答
 当校で受ける教習の日時は、学科試験の状況・教習進度・課題の提出状況を考慮し、当校が指定します。具体的な教習日時の希望を申告することはできません。ただし、スケジュールプランを選択した場合は、事前に個人のスケジュールを申告することができます。スケジュールプランを選択しない場合は、個人のスケジュールを考慮しません。
 指定された教習日時の変更はできません。いつでも教習を受けられる状況の方や日程調整が容易な方以外は、スケジュールプランの選択が必要であるとお考えください。
質問
混雑状況を教えてください。教習の予約は取りやすいですか。
回答
 混雑状況は【混雑状況】をご確認ください。
 せいりん自動車学校で受ける教習の日時は、学科試験の状況・教習進度・課題の提出状況を考慮し、当校が指定します。
 教習を受ける日時の指定が「受けやすい」「受けにくい」は、個人のスケジュールが大きく影響します。特定の曜日、土曜日・日曜日・休日にしか教習を受けられない状態であれば、教習日時の指定は「受けにくい」ということになります。免許取得までの期間も必然的に長くなります。逆に、いつでも教習を受けられる状態であれば、教習日時の指定を「受けやすい」といえます。
質問
土曜日・日曜日・夜間を中心に教習を受けることはできますか。
回答
 土曜日・日曜日・休日の教習(特定教習を除く)は、スケジュールプランを選択された場合のみ可能です。土曜日・日曜日・休日の教習(特定教習を除く)を受けるにあたっては、土曜日・日曜日・休日割増料が必要です。
 特定教習を除いて、夜間に教習は行いません。詳細は【時間割】をご確認ください。
 運転免許試験場等の試験は、平日(月~金曜日)に実施されます。土曜日・日曜日・休日・年末年始(12月29日~1月3日)には受験できません。
質問
なぜ保証金が必要なのですか。
回答
 せいりん自動車学校へ入所された方が全員、同じ費用で免許を取得することは不可能です。必ず個人差があります。個人のスケジュール・適性・能力に応じた費用で、普通免許取得までのサポートをさせていただくことになります。
 教習の追加・延長等が発生した場合に備えた予算を確保せず、入所の希望をされる方が少なからず存在します。また、個人のスケジュールによっては、土曜日・日曜日・休日の教習を受ける場合に発生する割増料や教習期限の延長手数料が必要です。
 以上のことから、入所時に保証金として5万円を預からせていただきます。追加・延長教習等が発生した場合の教習料や土曜日・日曜日・休日に教習を受ける場合の割増料などは、保証金より控除します。保証金の残高は、本免許試験合格後に返還します。ただし、途中退所の場合は返還しません。
質問
学科試験の対策について教えてください。
回答
入所手続き後にお渡しするテキストを用いて、各自対策を行ってください。
質問
外国人ですが、入所することはできますか。また、外国語で教習を受けたり、通訳を教習車に同乗させることはできますか。
回答
せいりん自動車学校の教習は、すべて日本語で行います。通訳を教習車に同乗させることはできません。教習以外にも各種課題(レポートなど)の提出を随時求めます。当校の教習課程を進めるにあたっては、支障なく日本語を聞いて・話して・読んで・書くことができる能力が必要です。
質問
普通MT免許を取得することはできますか。
回答
普通MT免許が必要な場合は、AT限定普通免許取得後に、限定解除を行ってください。
質問
せいりん自動車学校のシステムには、向く人と向かない人があると聞きました。具体的に、どのような人が向かないのでしょうか。
回答
 せいりん自動車学校は、普通免許取得に対して強い意志と意欲がある方の入所を期待しています。入所後は、ルールや教職員の指示を遵守し、健康管理・積極的な学習・スケジュール調整を行ってください。そして、何よりも普通免許取得への意欲・集中力を維持するよう努めてください。これらに自信を持てない方は、当校への入所を差し控えてください。
 物事を熟慮しないで行動する姿勢は、当校のシステムに不向きです。免許さえ取得できればよいという消極的な姿勢は歓迎できません。
 当校は、学業や仕事と普通免許取得の両立に気概を抱かれている方の入所を切に望みます。以上のことを理解して積極的に行動する方には、最大限丁寧な対応を心がけます。

よくある質問

お申し込み

>せいりん自動車学校

せいりん自動車学校

“Low cost & high quality”
合宿免許よりも安く。普通免許取得教習の基本費用は、地域最安11万円より。せいりん自動車学校のカリキュラムは「科学的な理論」に基づいて作られています。

名古屋で安く普通免許を取得したい方には、平針試験場での直接受験(俗にいう「一発試験」「飛び込み試験」)をお勧めします。

せいりん自動車学校の普通免許取得システムは、免許取消・更新忘れ(失効)による再取得の方だけでなく、はじめて普通免許を取得する方にも対応。取得時講習免除、公安委員会指定の特定教習を実施している特定届出の車校です。ペーパードライバー講習、高齢者講習同等、運転技能検査同等、運転免許更新時講習、企業ドライバー向け講習(企業研修)も対応。

平針試験場(名古屋)、東三河運転免許センター(豊川)、三重県運転免許センター(津)、岐阜試験場(三田洞)、多治見試験場、中南信運転免許センター(塩尻)、その他全国の運転免許試験場等の技能試験・外免切替実技確認に対応。千葉幕張せいりん自動車練習所・中南信せいりん自動車練習所・三重せいりん自動車練習所は、運転免許センター周辺での路上練習を行っています。

せいりん自動車学校が行うペーパードライバー講習の一部は、皆様に安心して受講していただくことができるように、愛知県公安委員会の認定を受けています。

CTR IMG