運転免許試験場・運転免許センター直接受験を万全の対策で攻略!取得時講習免除、ペーパードライバー講習、高齢者講習免除も対応

よくある質問(ペーパードライバー講習)

●質問1
 公安委員会認定教育とは何ですか。
■回答
 自動車教習所など民間の運転者教育機関が、ドライバーの運転技術や道路交通に関する知識の向上を図るために行う安全運転再教育(道交法108条の32の2、運転免許取得者教育の認定)のことです。当校が行う「ペーパードライバー講習」の一部は、皆様に安心して受講していただくことができるように、愛知県公安委員会の認定を受けております。
●質問2
 ペーパードライバー講習の内容を教えてください。
■回答
 安全運転の基本になる項目を確認しながら講習を進めていくこともできますし、車庫入れの練習中心、高速道路を走ってみたいなど、ご要望に合わせて講習内容を選択していただくことも可能です。
●質問3
ペーパードライバー講習の申し込みをする方法を教えてください。
■回答
 公式webサイトで入所のお申し込みを行ってください。お電話や直接来校によるお申し込みはできませんのでご了承ください。
●質問4
 ペーパードライバー講習を専門でやっているスクールは、個人でやっていたり、元教習指導員がやっていたりするところもあるみたいですが、せいりん自動車学校はどうですか。
■回答
 元教習指導員等の肩書きで、ペーパードライバー講習を行っている場合は、以前、自動車教習所の教習指導員として勤務していた者が、自動車教習所を退職して独立した事業を行っているものと思われます。オフィス等を構えておらず、実態の把握が困難である場合があります。
 指導者の資質、運転経験、運転技量に関係なく、ペーパードライバースクールは誰でも簡単に開設することができます。公安委員会への届出、報告義務もなく、公安委員会からの指導・監督を受ける必要もありません。教習指導員資格等も必要ありません。教習指導員資格者証は、人に運転を教えることを許可する「免許」ではありません。
 元教習指導員等の肩書きの場合、どこの自動車学校に何年勤務して、なぜ退職したのか、技能検定員資格は持っているかを確認した方がよいと思います。そういう意味で、一般の方が聞きにくいことをホームページ等で説明しているスクールなら信頼してもよいかもしれません。個人スクールの利用を検討するなら、指導者の現有免許と資格、略歴確認は必須だと思います。
 不適正なことを行ったために教習所を解雇された者が「教習所のやり方に不満を感じていたので独立開業しました」などと言う可能性もあります。自動車の運転、車内という密室、個人情報の提供など様々なリスクを伴うため、料金等だけで判断せず、申し込み前に、スクールの信頼性、どのような指導者が担当するのか、講習中に重大事故が発生した場合の対応など、しっかりと確認する必要があります。
 当校は愛知県公安委員会より指定を受けた特定届出自動車教習所で、公安委員会が認定したペーパードライバー講習課程を選択していただくことができます。ペーパードライバー講習を担当する指導員は、公安委員会の行う教習指導員審査、技能検定員審査に合格した現役の指導員です。教習所管理者(校長)の管理下、講習を実施いたしますのでご安心ください。
●質問5
 ペーパードライバー講習を専門でやっているスクールと比較して、せいりん自動車学校の受講料は高く感じるのですが、なぜですか。
■回答
 当校は常に他校、その他スクール等の一枚も二枚も上を行くことを考え続けています。当校のペーパードライバー講習受講料は、やや高めかもしれません。受講料は組織の管理体制、指導者の腕と自信によって決まるものであり、現在の料金体系は適正であると考えています。料金の割引や、割引券の発行なども行っておりません。
 実際に当校の講習を受けていただいた方は、9割以上の方が2日間250分の受講で、高い安全意識と危険予測能力を身につけ、ご自身で運転できる状態になっています。1時限あたりの金額が安くても、延長を重ねていくことで金額は増加することになります。
 指導者自身のスキルは、受講者の今後に大きく影響します。その場しのぎの調子のよい練習で終了してしまえば、後々受講者が困り、痛い目に遭います。これはペーパードライバー講習だけに限ったことではなく、普通免許取得教習や企業ドライバー研修等にも言えることです。
 運転において大切なことは、運転される方の「性格」と「危険予測能力」です。そういう意味においては、練習をすれば誰でもできるようになる、というものではないと考えています。単に時間をかければよくなるものでもありません。あまり深く考えない方が多いかもしれませんが、車を運転するということは、危険のカタマリです。技術だけでカバーできるものではありません。どれだけ運転の練習を行っても究極的な考え方を身につけていなければ意味がありません。
●質問6
 ペーパードライバー講習を専門でやっているスクールと、せいりん自動車学校、どちらにしようか迷っています。
■回答
 一般に受講施設は「みなさまに選ばれる側」でありますが、当校は「当校の講習を受けていただく方を選ばせていただきたい」と考えております。自動車の運転という極めてリスクの高いことを行っていただく以上、この考えは譲ることができません。
 見る人が見れば分かる、お申し込み・お問い合わせ段階からの当校独特システムは、「ある一定以上の考え方をすることができる方のみお越しください」という当校からのメッセージです。様々な施設がありますので、適切な基準を持って検討していただくことをお勧めします。
●質問7
 何時限練習すればよいでしょうか。
■回答
 運転免許を取得してすぐの方、ペーパードライバー歴10年以上の方、地域、環境、年齢、性格など、個人差が極めて大きいため、お一人お一人に合わせたプランを作成いたします。当校の場合、9割以上の方が、2日間250分の受講で高い安全意識と危険予測能力を身につけ、ご自身で運転できる状態になっています。アフターサポートも万全です。
●質問8
 スケジュールが未定のため、申し込みの際に全日程を決めることができません。
■回答
 初回受講の日時だけ決定できれば問題ありません。以降の受講日時は、その都度、予約を取っていただくこともできます。可能な限り、みなさまのご予定に合わせて受講していただけるように配慮させていただきますので、ご安心ください。
●質問9
 指導員は毎回変わってしまうのでしょうか。
■回答
 一貫した講習を行うため、最初から最後まで同じ教習指導員が担当させていただきます。
●質問10
 女性指導員の指名はできますか。
■回答
 女性の受講者に限り、女性指導員の指名をお受けいたします。お申し込みの際に、女性指導員希望の旨、お知らせください。
●質問11
 通学型を希望します。通学場所はどこになりますか。
■回答
 せいりん自動車学校(→アクセス
●質問12
 送迎や託児所はありますか。
■回答
 せいりん自動車学校オフィスへお越しの際は、公共交通機関をご利用ください。当校は託児所を完備しておりません。
●質問13
 免許を取得してから一度も運転していません。いきなり路上走行でも大丈夫でしょうか。
■回答
 最初は交通量の少ない道路で、本当に基本的なことから丁寧に教授いたしますのでご安心ください。
●質問14
 万一、事故の場合はどうなりますか。
■回答
 当校教習車での事故は当校加入の保険を適用します。自家用車等を講習に使用しての事故について当校は一切責任を負いかねます。万一の事故に備えた任意保険の加入が絶対条件です。
●質問15
 最初から自宅にある車を使って講習を受けたいのですが、可能でしょうか。
■回答
 初回は安全上の理由から当校の教習車(AT)で受講していただきます。そこで「運転の基本操作に問題はない」と担当指導員が判断した場合に限り、次回以降、自家用車(マイカー)での受講も可能です。その場合、万一の事故に備えた任意保険の加入が条件です。
 当校教習車以外を講習に使用しての事故について当校は一切責任を負いかねますのでご了解ください。
●質問16
 マイカーを持っていないので、全て教習車で受講することはできますか。
■回答
 通学型は全て教習車での受講となります。出張型も全て教習車で受講することが可能です。お申し込みの際、その旨、お知らせください。
●質問17
 土曜日、日曜日、休日、夜間の練習も可能ですか。
●質問
 土曜日、日曜日、休日に受講される場合は、1時限につき2,000円(税別)必要です。夜間(17時以降)に受講される場合は、1時限につき2,000円(税別)必要です。
●質問18
 予約後(受講料入金後)のキャンセルはできますか。
■回答
 予約後に、都合が悪くなった場合は、早めに予約のキャンセルを申し出てください。メール(電話不可)で当校の予約係に連絡をしてください。キャンセルには所定の手数料が必要となります。
●質問19
 普通車以外(大型、中型、自動二輪、大特、牽引など)のペーパードライバー講習はありますか。
■回答
 当校のペーパードライバー講習は「普通車のみ」です。
>せいりん自動車学校

せいりん自動車学校

せいりん自動車学校のシステムは、免許取消・更新忘れ(失効)による再取得の方だけでなく、はじめて普通免許を取得する方にも対応。取得時講習免除、公安委員会指定の特定教習を実施している特定届出の車校です。ペーパードライバー講習、高齢者講習同等、運転免許更新時講習、企業ドライバー研修も対応。

平針試験場(名古屋)、東三河運転免許センター(豊川)、三重県運転免許センター(津)、岐阜試験場、多治見試験場、中南信運転免許センター(塩尻)、東北信運転免許センター(長野)、その他全国の運転免許試験場・運転免許センターの技能試験(俗にいう、一発試験・飛び込み試験)・外免切替実技確認に対応。千葉幕張せいりん自動車練習所、中南信せいりん自動車練習所、三重せいりん自動車練習所は、運転免許センター周辺での路上練習を行っています。

CTR IMG