平針運転免許試験場・東三河運転免許センター直接受験を万全の対策で攻略! 取得時講習免除、外国免許切替、ペーパードライバー講習、高齢者講習免除も対応

施設・指導者選びのポイント(5)

  • 2020年3月19日
  • BLOG

指導者の実力と能力

指導者としての研鑽をどのように行っているか

自動車教習所との違い

前回、元教習指導員を謳っている場合、なぜ自動車教習所を退職したのかについての情報は、極めて重要であることをお話をさせていただきました。

さて、元教習指導員を謳ってペーパードライバー講習を行っている場合だけでなく、特に自動車教習所等に勤務した経験がなくペーパードライバー講習を行っている場合も、指導者としての研鑽はどのように行っているのでしょうか。

指定自動車教習所の場合は、教習業務に従事する各職員の資質向上を図っていく必要があるため、職員に対する講習制度が設けられています。道路交通法で、管理者の責務として職員に講習を受けさせなければならないと定められています。もし、管理者がこれに違反して職員に講習を受けさせなかったときは、公安委員会指定の取消または卒業証明書等の発行禁止処分の対象となります。講習は、概ね1年ごとに1回行うこととされていて、講習の時間は、教習指導員で9時間以上11時間以下、技能検定員で10時間以上12時間以下と定められています。

また、教習指導員等が別の指定自動車教習所へ再就職する場合、再就職先の指定自動車教習所管理者は、教習指導員等の選任にあたって、資格者証の交付を受けた者の知識、技能等の確認を行います。なお、資格者証の交付を受けた者であっても、1年以上その業務から離れていた者など、知識、技能の低下のおそれがある場合は、公安委員会で必要な確認をし、その結果により管理者に必要な教養を行わせるか、公安委員会が行う講習を受講させることとされています(警察庁通達)。

教習指導員資格や技能検定員資格は「取得したら終わりではない」ことがわかります。ペーパードライバースクールは誰でも簡単に開設することができます。元教習指導員や自動車教習所等に勤務した経験がなくペーパードライバー講習を行っている場合、指導者としての研鑽は「具体的にどのように行っているのか」、施設・指導者を選択をするうえで重要な情報のひとつではないかと思います。「指導経験が多いから安心!」というキャッチフレーズだけでは、指導者自身の実力、能力は不明です。貴重なお金と時間を使って受講するペーパードライバー講習は、今後の人生を左右します。客観的なものを確認していく積極的な姿勢が必要であると言えます。

関連記事

指導者の実力と能力元教習指導員を謳っている場合なぜ自動車教習所を退職したのか前回、技能検定員資格の保有者には、一定の経験、一定の意欲、一定の能力、一定の評価があったことを認めることができるというお話をさせていただ[…]

せいりん自動車学校のペーパードライバー講習

せいりん自動車学校を選ぶ4つのポイント公安委員会認定ペーパードライバー講習安全運転教育界最強の指導員陣常時100名以上「受講者の声」を公開9割以上の受講者が2日間250分の講習で目標を達成ペーパードライ[…]

最新情報をチェックしよう!
>せいりん自動車学校

せいりん自動車学校

せいりん自動車学校のシステムは、免許取消・更新忘れ(失効)による再取得の方だけでなく、はじめて普通免許を取得する方にも対応。取得時講習免除、公安委員会指定の特定教習を実施している特定届出の車校です。ペーパードライバー講習、高齢者講習同等、運転免許更新時講習、企業ドライバー研修も対応。

平針試験場(名古屋)、東三河運転免許センター(豊川)、三重県運転免許センター(津)、岐阜試験場、多治見試験場、中南信運転免許センター(塩尻)、東北信運転免許センター(長野)、その他全国の運転免許試験場・運転免許センターの技能試験(俗にいう、一発試験・飛び込み試験)・外免切替実技確認に対応。千葉幕張せいりん自動車練習所、中南信せいりん自動車練習所、三重せいりん自動車練習所は、運転免許センター周辺での路上練習を行っています。

CTR IMG